渡豪物語☆プロローグ☆



以前の配信でちょこっとお話ししました、Nolicoのオーストラリア時代のお話を何度かに渡ってブログに書こうかと思います(^_^)

 

では始まり始まり~

 

 

 

 

 

 

 

音楽の道を目指して上京してきたNolicoは、都内の音楽学校を卒業したあとはライブバーで歌う仕事をしていました。

仕事で歌う歌は60~80年代の洋楽がほとんどで、英語が話せないコンプレックスから歌うことに違和感を感じていました。

そして、曲を覚える為に見ていた洋楽のPVや洋画を見ていると、だんだん海外への憧れが芽生えてきました。

海外旅行というより、海外に住んでみたいという願望が強くありました。

 

いろいろインターネットで調べて、物価や治安を考えてオーストラリアにワーキングホリデービザで行くことに決めました。

 

とりあえず始めは、シドニーにinすることにしました。

シドニーだと英語があまり話せなくてもバイト程度の仕事ならあると聞いていたからです。

 

 

 

始めの1ヶ月だけホームステイしながら語学学校に通うことになりました。

 

学校は3ヶ月の予定なので、2ヶ月目からは学校が用意しているシェアハウスに住むことにしました。

 

こういう風に文章にすると計画的に見えますが、実際はほとんど行き当たりばったりの行動だったんですよね(>_<)

 

若さゆえの怖いもの知らずなNolicoでした!

 

 

 

 

さて、次回は1ヶ月お世話になったホストファミリーのことを書こうと思います(^_^)

 

どうぞお付き合いくださいませ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です